ブライズメイド

役割ブライズメイドって?

おそろいのドレスに身を包みブーケを手に、新婦さんに華を添える、ブライズメイド。
花嫁さんの付き添い人、立会人として、ご親友やご姉妹、花嫁さんにとって大切な方が結婚式で花嫁の身の回りのお世話をするのがお役目です。

結婚式を一生の大切な思い出にするお手伝いでもあります。おそろいのカラードレスは、お式にとても映えます。
最近、日本でも少しずつポピュラーになってきました。
Follow Pinterest's board

由来ブライズメイドって?

未婚の女性が務めるのが一般的ですが、その理由は....
「昔、中世のヨーロッパでは結婚するカップルを妬み、悪魔がやって来るといわれていました。
その悪魔の目を混乱させるために、年の近い女性に同じような服装で付き添わせたのが由来と言われてるからです」

疑問ブライズメイドを立てたいけど、色々な疑問

☆ブライズメイドは新婦さんが選ぶの?

新婦さんがご親友やご姉妹にお願いするのが一般的です。

もちろん、お友達から立候補(提案)してあげるのも大賛成です。一生に一度の結婚式。お友達からの提案は新郎新婦さんにとっては嬉しい事です!

ただし、後ほど述べますが「お友達から」の場合はなるべく早めに提案してあげましょう。お式全体の進行に影響してきます。

ちなみに、本場アメリカでは数人のブライズメイドの中から大親友1人を「maid of honor(メイド オブ オナー)」に指名します。
メイド・オブ・オナーはブライズメイドの中でも最後に入場し、1人だけ同じ色のロングドレスを着て登場できたりもします。 誰もが憧れるポジションです。
人気の海外ドラマ「ゴシップガール」でもこのワンシーンを見る事ができます。
☆お式での実際のお仕事
①新婦さんは、とても緊張しています。仲のいいお友達がそばにいるだけで大変心強いものです。まずは、心の支えになってあげて下さい。
実際にはブライズメイドさんの方が「緊張して夜寝られなかった」というお話も耳にします。それだけの大役、かけがえのない思い出になります。
②お式では、受付を担当したり、誘導係、新婦さんのグローブを持ってあげたりと新婦さんのサポートが中心です。
③そしてやはり、最大のお仕事はおそろいのドレスを着て新婦さんを引き立ててあげることではないでしょうか。
☆事前にドレスを選ぶ時
やはり、新婦さん立ち会いでブライズメイドのドレスを選ぶことが多いです。
会場の雰囲気とブライズメイドのイメージ。ドレスのお色とブーケのコーディネート等々。楽しい悩みは尽きません。

☆気になる予算は?そしてドレスの代金は誰が払うの?
一概には言えませんが、新郎新婦さん側でご負担になることが多いです。
もちろん、「お友達からのご提案」の場合は、ご提案した側が多めに負担するということもございます。
また、ブライズメイドさん自身が「もう少し違ったドレスを着たい!」ということで多少ご負担してドレスを選ぶ事もございます。

my closetでは¥5,500〜と、なるべくリーズナブルなお値段にてブライズメイド向けのドレスは取り揃えております。
☆最後に、事前準備の注意点
お式の進行は、ブライズメイドを立てる立てないで2パターンあることが一般的です。なるべく早めの準備と運営側との事前打合せが必要です。

またmy closetでは、リゾートウェディングでのブライズメイドを特にお勧めしております!
自然に囲まれた美しい空の下、おそろいのカラードレスがとっても映えます。何より花嫁さんを一層引き立たせてくれます。

「リゾートウェディングだとレンタル期間が心配」というご相談にもお乗り致します!

ドレス選びブライズメイドのドレス♪

現在、撮影中です。ネットに載っていない商品も多数店頭にございます。

アメリカに特注オーダーしたドレスなど、Facebook、ブログ等では先行してご紹介させて頂いております。

こちらのblogを参考にして下さい。 ↓

 

オリジナルブライズメイドドレス☆

 

ブライズメイド☆

 

ぜひ、こちらからお問い合わせ下さい!

 

ブライズメイドドレスの一覧はこちらから。