Staff Blog

パーソナルカラーを使ったバッグの色ひとつで印象を変える方法。

[JENNYの着こなし術] [コーディネート] [バッグ] [ブログ]
2020.03.08

こんにちは!

突然寒気がやってきたかのような寒さですね!

気温の変化が激しい季節なのでみなさまご体調には

十分お気をつけくださいね!

 

さて本日はバッグが違うだけで印象がどれほど変わるのか!

をパーソナルカラーアドバイザーの視点で

ご紹介していきたいと思います。

 

ミントグリーンにベージュ系のバッグ。

定番のコーディネートですが

優しく柔らかい印象になります。

では同じドレスにバッグの色を変えるとどうなるか!

ちょっとカッコいい印象になりますね!

 

同じドレスなのにベージュを合わせると全体がぼんやりとした印象になり

ブルーを合わせると一気に引き締まって見えます。

 

簡単に説明すると。。。

ベージュのような淡いお色は優しく女性らしい印象になり

全体を明るくしてくれるので手のシミやしわもぼんやりとさせてくれるので

気になる部分があればうまく視覚効果でカバーしてくれます。

ただいい意味でも悪い意味でも全体がふんわりと見えます。

 

 

ブルーに拘らずグリーン、レッド、ブラックなど

色味のあるバッグはかっこよくクールな印象になり

ワンポイントにあるだけで全体が締まります。

影を作る色なので腕周りにもメリハリが生まれますが

肌色にも影を作り暗めに見えます。

写真ではわかりずらい部分もありますが

是非ご自身で体験しみてください♪

 

バッグは使いまわしがきくものを

と思って無難なものばかり利用していませんか?

バッグひとつでもドレスのイメージだけでなく

ご自身の印象も変わってきます。

 

当店のスタッフですがそういった知識のある

パーソナルカラーアドバイザー3名

パーソナルカラーアシスタントアドバイザー3名

おりますので接客の際にはその中でお客様に合うものを

全体のイメージを見ながらご紹介しております。

 

詳しい診断にご興味がある方には

別途ご自身を知ることができるパーソナルカラー診断も

店頭で行っておりますので是非お問合せください。

※要予約