着こなし術

体型カバー kikonashi_body

ウエストが太い。。Xライン

ウエストが気になる方はXラインであえてウエストを強調する!

ウエストをキュッと絞ってウエストラインを強調することでメリハリが出るので体型をカバーすることができます。

太めの切り返しがウエスト部分にあるドレスを着ることでより体型をカバーできます。

また、太めのベルトをアレンジするのもオススメです。


AラインのドレスもベルトやリボンでアレンジすればXラインに早変わり!

お手元にベルトがない場合は、手芸屋さんで売ってる切り売りのリボンもオススメ!太めのリボンを選びましょう。バリエーションも豊富で、結んだ時のフンワリ感もバッチリ。

是非とも取り入れたいドレスの着こなし、簡単アレンジテクニックです。

写真左/ドレス:PARC LAMU。 写真右/ドレス:my-closetバッグ:my-closet

体型カバー kikonashi_body

胸が大きくて。。あえてVライン

胸が大きくて太って見える。そんな方はVラインの胸元!

胸が大きくて太って見えてしまったり、胸ばかり強調されてしまい、うまくドレスを着こなせない。そんなお悩みの方には胸元にVの空きがあるドレスがオススメ。

胸元は隠すと逆効果。隠さずにVラインで程よくアピールすることでスッキリと見えます♪

体型カバー kikonashi_body

背が高い。。ロングドレス!

背が高くて丈感が微妙。カワイイものもカワイく見えない!

身長のある方だからこそ似合うドレス、それはロングやひざ下までの丈感のあるドレス。

せっかくなので、是非ともカッコ良くドレスを着こなして下さい!


切り返しのあるドレスを選ぶなら、アンダーで切り返しのデザインは避けるのがベター。視線のポイントが高くなりすぎます。

切り返しはもう少し下のウエストライン辺りにあるデザインのものを選んでみましょう。

もしくは、あえて縦長効果のあるI(アイ)ラインのドレスでカッコ良く見せてしまいましょう。

体型カバー kikonashi_body

胸が小さい。。胸元にアクセント!

胸が小さい方は、胸元にデザインのあるものでボリュームアップ!!

華やかなドレスが貧相に見える。。

そんな小胸さんはちょっと大きめのお花やフリル、リボンなど、デザインが胸元にあるものを選んで。

大きめのモチーフがバランスをとってくれます♪


小柄な方は、右の写真の様に胸にモチーフのあるベアトップを選んでみましょう。ドレスに着られることなく、キレイに着こなせます。

また、なで肩が気になる方はボレロでボリュームアップ。もしくはストールを巻いてフンワリさせるのもお忘れなく!

体型カバー kikonashi_body

ドレスに着られてしまう。。素材感でカバー!

小柄で華奢な方は、シフォン系の素材のドレスを選んでみましょう。

フンワリとした素材感が全体を包み込み、きれいにバランスをとってくれます。

また、シフォン系はドレスのラインが柔らかいのも特徴です。小柄な方のお悩み「ドレスに着られてしまう」ことからも守ってくれます。

 

体型カバー kikonashi_body

肩幅が気になる。AラインよりIライン!

まずは、AラインよりもI(アイ)ラインのドレスを選んでみましょう。

スラリしたドレスのシルエットの縦長効果で肩幅を目立たせません。

また、ノースリーブなどあえて肩を出したデザインもスッキリ効果がありますが、キャミソールタイプは逆効果なのでドレス選びには注意しましょう!!

体型カバー kikonashi_body

肩幅が気になる。首周りをスッキリ!

胸元にVの空きがあるドレス(写真左)は、首周りから胸元までをスッキリと見せてくれるので肩幅が気になる方にオススメです。

フォーカルポイントを強調したくない部分から上手に逸らしましょう。

逆にスクエアネックやボートネック(写真右)は横に広く見せてしまう効果があるので肩幅が気になる人は注意!


首元が隠れているタートルネックのようなデザインもNGです。肩幅を強調してしまいます。

写真左/ドレス:YLANG YLANG
写真右/ドレス:YLANG YLANG

体型カバー kikonashi_body

気になる肩幅。ショール、そで付きでカバー♪

肩幅が気になる方が羽織りものを選ぶときの法則。

ボレロよりもショール!

ストンと落として肩の位置を分りにくくしてしまいましょう(写真左)!

同様に袖のあるドレスを選ぶ時にオススメなのは、ドルマリンスリーブ。肩の位置が強調されず、なで肩効果があります。(写真右)


基本的には袖口のデザインが出来るだけシンプルなものを選びましょう。

また、肩周りが膨らんでしまうパフスリーブ。フリルなど目を引くデザインが袖にあるものは避けるのがベター。

気になるトコロへの視線は上手く逸らしてしまうのが正解!

体型カバー kikonashi_body

肩幅が気になる人の小物選び

大きめのネックレスやイヤリングを身につけて視点をずらすと言うのもひとつの方法です。

また、大きめのアクセサリーを合わせることで肌の露出が程よく軽減され肩幅のアンバランスをカバーしてくれます。

周囲の視線は上手にコントロール♪

隠すだけが体型カバーの方法ではありません!

体型カバー kikonashi_body

色彩の持つ遠近法を取り入れる

ビビットな色や暖色系の色は「進出色」と呼ばれ、近く(大きく)見えます。

一方、トーンを抑えた色や寒色系の色は「後退色」と呼ばれ遠く(小さく)見えます。

足元にかけて明るめの色、トップスにはトーンを抑えた色をもってきましょう。視覚効果で上半身が小さく見えます。


右の写真の方が少しスリムに見えませんか?

写真右のようにクラッチバッグをビビットな差し色にすることでも同様の効果が狙えます。

ドレスをベージュ系などの後退色でまとめ、鮮やかな色彩でバッグや小物を目立たせる。色彩の遠近法で、気になるトコロからフォーカルポイントを外すテクニックです♪

体型カバー kikonashi_body

下半身が大きい。。Aラインのドレス

「お尻が大きい、足が太い。。」

気になる方はAラインを着こなす!

上半身が細めで下半身が太め、そんな方はAラインのドレスがオススメです。

トップの細い部分を強調して裾広がりのフンワリ感で下半身をカバー。

広がった裾から足を出すことで、足がほっそり見えます。