着こなし術

結婚式・披露宴・二次会に来て行くドレスや、バッグ、アクセサリー‥‥
様々なアイテムからどんなアイテムを選べばいいの? この服装は失礼にならない?‥など、
今さら聞きたくてもきけない結婚式のマナーもあわせて、
ドレスやシーンに合わせた着こなし術をわかりやすくご紹介♪
是非参考にしてみてください。

コーディネート

ドレスに合わせたネックレスの選び方

kikonashi-1

ラウンドカットのドレス(写真左)

丸首のラインに合わせたアクセサリーを合わせてまとまりのあるコーディネートに。
特に首の短いのが気になる方は、小ぶりのネックレスを合わせてみましょう。首元をスッキリ見せられます。

ラウンドカットのドレス(写真左)

丸首のラインに合わせたアクセサリーを合わせてまとまりのあるコーディネートに。
特に首の短いのが気になる方は、小ぶりのネックレスを合わせてみましょう。首元をスッキリ見せられます。

写真左/ドレス:my-closet、ネックレス:anonymous
写真右/ドレス:Diane von Furstenberg、ネックレス:YLANG YLANG

コーディネート

ドレスに合わせたネックレスの選び方②

kikonashi-2

Vネックのドレス(写真左)

丸首のラインに合わせたアクセサリーを合わせてまとまりのあるコーディネートに。
特に首の短いのが気になる方は、小ぶりのネックレスを合わせてみましょう。首元をスッキリ見せられます。

露出のあるドレス(写真左)

露出のあるデザインには大ぶりのアクセサリーをチョイス。
大き目のアクセサリーが露出をカバー。
アクセサリーにポイントが行くため肌の露出が気になりにくくなる効果があります。
また肩幅が気なる方も大き目なネックレスでカバーできます。首元アクセサリーの視覚効果!

写真左/ドレス:my-closet、ネックレス:anonymous
写真右/ドレス:JILL STUART、ネックレス:イランイラン

マナー

白色のドレスはNG!

kikonashi-3

白は花嫁さんのカラーですからもちろんNGです。
主役はあくまでも花嫁さんです。
ゲストドレスの人気のお色は、ピンクやネイビー、グリーンです。
真っ白な花嫁衣装に華を添えられるようなカラーのドレスを選びましょう。
また、実際には白ではなくてもお写真の写り具合によって白っぽく見えるものもケアが必要です。詳しくは、次のベージュでご説明します。

マナー

ブラックは明るい小物と合わせて

kikonashi-4

黒は喪をイメージさせるお色でもあります。できれば避けたいところです。

ブラックのドレスを着用するときは、明るい小物を合わせて真っ黒にならないようにコーディネートに気をつけましょう。

男性やご親族の方は基本的にブラックを着用しますから、女性は明るいお色のドレスを着用することをオススメします。

写真(両方とも)/ドレス:Jasmine di Milo、 バッグ:BRUNO MAGLI、 ネックレス:anonymous

マナー

人気のベージュはアレンジを加えて

kikonashi-5

薄いベージュも定番で人気色のひとつですが、お写真などでフラッシュの光が入ると白っぽく見える事があります。(写真左)

気になるようなら避けるのが無難でしょう。

着用する際は色味のあるボレロやストールを合わせると白っぽいイメージを抑えられるので、うまくコーディネートしましょう。(写真右)

ドレス(両方とも):GRACE CLASS。
写真右/ネックレス:GRACE CONTINENTAL、 ボレロ:Diagram GRACE CONTINENTAL